因数分解 M作戦

教科書が新しくなって最初の定期テストがはじまりました。

数学の教科書が、国語の教科書みたいなんだ(;´・ω・) 

と、焦燥していたK君と新しい教科書を紐解いていくと、、、

より一層洗練され無駄のない数学がそこにあった |д゚)

難易度の幅が広く問題数も増え、QRコードが付き、頑張る人を応援できる教科書になった印象があります。

難易度の幅と問題数の増加により、以前は応用問題としてこっそり置いてあった問題が、当たり前問題としての面積をかくとくしました。

そのひとつが、これです。

因数分解
a+b を何とかと置いて因数分解

青く〇で囲んだところを、Mとか、Aとか、Xとかに置き換えて因数分解します。

他意はなかったのですが、現れたのが、

MAX

この度の定期テスト、確率と、箱ひげ図もテスト範囲に含まれ、四月段階では確率の帝王と呼ばれた彼ではあるが、もしや退位してはいまいか、十分な復習ができなかったことが悔やまれる。

The following two tabs change content below.
中学生と向き合い続けて二十余年(^_^)/ 山の下英数教室主催の井上です。 長い間成長し続けたベンジャミンを枯らしてしまい、それでもまた新芽が出てくるのではないかと待ち続けたのですが、ようやく諦めがつきました。新しくゴムの木を迎えました。ベンちゃんくらい大きくなってほしいです。

最新記事 by yamanoshita (全て見る)

前の記事

うちの毬ちゃん